医師の貯金と出費

医師と言えば、病気やケガに苦しむ人たちを救い、健康というかけがえのないものを守るプロフェッショナルな職業です。他の職域には絶対にない生命と向き合う仕事では、大きなヤリガイはもちろん、プロフェッショナル性、社会的貢献性、安定性、不動の憧れと魅力があります。そして数ある職業の中でもパイロットや弁護士に同様、平均年収1,000万円を超える高収入を得られる職業である点も医師を目指す理由のひとつとなっているでしょう。

医師の年収は、キャリアをある程度構築し、気力・体力ともに充分な40代医師で年収約1,200万円、50代で副院長・院長クラスであれば平均年収は1,800〜2,000万円になります。開業医であれば年商2,000〜3,000万円が相場のようです。

平均の範囲に収まらない所では、外科医・小児科医・産婦人科医・麻酔科医などの医師たちがおしなべて年収は高く(年収3,000万円〜)、1週間に10件もの手術をこなす心臓外科医などは月給500万円・年収6,000万円という医師の方もいらっしゃいます。しかしながら医師年収と勤務の過酷さは概して比例関係にあるため、このような破格の報酬を得ている医師たちは、プライベートのほぼ全てを犠牲にし、人間的な生活が送れていないことを認識する必要があります。

医師は平均年収1,200万円に対し、その平均的貯金額は1,800万円前後となっています。弁護士はその額にプラス300万円、パイロットはマイナス100万円で推移しているので、同じような年収額にある職種とほぼ同等額の貯金と言えるでしょう。あくまでも平均であり、卒後10年以上・夫婦ともに医師でも貯金は2,000万円という医師もいれば、専業主婦の妻を持つ40代医師の貯金は8,000万円という医師もいます。研修医やまだ駆け出しの若い医師では、年収もやっと上がってきたばかりなので貯金は200万円、500万円という医師もいます。

お金がなかなか貯まらない医師の中には、医師を続けていくには意外に出費が多いという面もあります。例えば関係する学会へ参加するための交通費・宿泊費、海外からの研究論文・文献・専門書など書籍代もかかります。こうした自己投資を年間数百万単位で使う医師も珍しくなく、研究熱心な医師ではローンを組んで高額な医療機器を購入する方もいるそうです。またキャリアUP・スキル修得・修業のため海外へ留学する医師もおり、現地での学費や生活など留学費用に多額の貯金を費やす医師もいるのです。

さらにいざ開業をするとなると、初期投資に非常にお金がかかります。医療機器や機材は中古品でも数百万円、新品であれば数千万円単位でコストがかかってくるため、開業するには約1億円の資金が必要になると言われています。

医師は高額年収、貯金はある程度できそうですが、プロの医師としてスキルを磨き、常に医療に携わっていくためには、得た分を還元していくほどの出費が必要とされるのかもしれません。

テレビ制作会社の求人情報はここでわかる!

Copyright (C) 2007-2017 医師の男女比を随時更新するサイト. All Rights Reserved.